スポンサーサイト

スポンサード リンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

皮膚科で魚の目をしらべる!

スポンサード リンク

足の裏にできたたこがひどくなって痛みを伴う魚の目
なった人ならわかるでしょうが、歩くときには必ず
足の裏をつけて歩くことになるので、その違和感や痛み
はかなりのものです。

自分に合わない靴を履き続けたことが原因で魚の目
なることが多いですが、薬局で売られている除去シート
を使っても魚の目がよくならない場合、早めに皮膚科
出向いて検査を受けたほうがよいでしょう。

自分で気になって魚の目をほじくったりすると、ばい菌
が入って炎症を起こすことがありますから、病院で
調べてもらうのが一番です。ドイツ式フットケアなどでも
きちんと治療してもらえますが、近所に皮膚科があれば
まずは出向いてみましょう。

魚の目皮膚科で治療してもらうと、1回の治療でだいぶ
痛みは軽減されます。塗り薬を塗ったり、数回治療をする
ことで完全によくなりますし、なるべく早く、魚の目
ひどくなる前に治療に出かけるのがベストです。

魚の目を治療してくれる皮膚科は、近所でもしみつから
なければ、インターネットでタウンページを検索したり、
魚の目 治療 病院」などの検索語句で検索してみて
ください。

魚の目は一度治っても、靴選びをしっかりしないとまた
再発します。まずは予防が肝心ですので、魚の目
ならないような靴選びを心がけるようにしてくださいね!
   
category : 魚の目について | comments(0) | -
ページトップ▲

魚の目の治療方法

スポンサード リンク

魚の目の治療方法には、個人でやる方法と病院で
魚の目を除去してもらう方法、それから、お灸などの
自然療法で治す方法などいくつかあります。

魚の目の原因は、足に合わない靴を履いたりすることで、
主に足の裏にできたタコがひどくなってできること
が多いです。

魚の目の治療は、自分でやるのであれば薬局で売られている
除去シートを足の裏にはったりするのが一般的ですが、問題
点としては、なかなか魚の目の中心にしっかり除去シートを
貼れない事(だんだん歩いていると、魚の目からずれてくる)
や、魚の目の芯がやわらかくなるまでは、相当時間がかかる
ことなどです。ただ、初期の魚の目であればこれで対処できる
ことも多いですが。

皮膚科や、ドイツ式フットケアなどでは、魚の目の治療を
すぐにしてくれますので、できれば病院で専門家にみても
らうのがベストだと思います。

くれぐれも、自分でカッターナイフで魚の目をほじくったり
はしないようにしてください!

フットケアでは、魚の目専用の器具で芯を除去していきます。
数回通う必要がありますが、1回の通院で魚の目がだいぶ小さく
なって痛みも楽になるのがほとんどだそう。

魚の目にならないようにまずは足をしっかりとケアしておく
ことが一番大切です。治療の前にまず魚の目にならないよう
に予防する。

魚の目を予防するには、靴のサイズを足にあったものにする
ことが大切です。長さだけではなくて、幅も足にあったものに
しましょう。あまり細身だと足をしめつけすぎて、魚の目
原因になります。

仕事などでどうしてもハイヒールをはかなくてはいけない
場合は、タコや魚の目保護のパッドをあらかじめ入れてお
くのもいいです。インソールをいれて、足への衝撃を
減らすのもいいですね!
   
category : 魚の目について | comments(0) | -
ページトップ▲

魚の目とタコについて

スポンサード リンク

魚の目とタコ、よくいわれますが違いはどんなものなのでしょう。
タコは主に足の裏(手にもできます)が扁平に硬くなるのですが、
魚の目はそれがさらに悪化して、中心に芯ができて硬くなります。
その芯の部分が魚の目みたいに見えるので、魚の目とよばれて
いるわけです。

タコは、たいていにごった黄色い色をしていることが多く、
皮膚が厚く硬く盛り上がっていることが多いです。押すと痛い
ことがあるけれど、それほど気にならないなあと言う人も
多いかと思います。

ただ、タコが大きくなってくると、歩いていて違和感を感じたり
痛みが出てきたりします。それがひどくなったのが魚の目です。

魚の目の原因は、なんといっても足にあわない靴をはいてしまう
ことです。無理をして小さい靴を履き続けたり、底が薄い靴を
履いて足の裏が圧迫を受けることで、魚の目になってしまうこと
もあります。

ハイヒールも要注意です。足先に大きな負荷がかかるので、
どうしてもタコや魚の目の原因になります。

基本的には、足に優しい靴を選ぶことがまず大切ですが、
タコや魚の目になってしまった場合は、皮膚科などの病院、
もしくはドイツ式フットケアなどで治療してもらうのが
ベストです。

個人でも魚の目は保護シートを貼ったりして治療すること
もできますが、素人が治療すると炎症を起こしたりする
可能性もあるので、なるべくなら専門家に見てもらいましょう。

皮膚科などで切って魚の目を除去してもらっても、また
足にあわない靴を履いていれば再発します。基本的には
きちんとした靴選びをすることが、まずは魚の目やタコを
予防するのには大切ということですね!
   
category : 魚の目について | comments(0) | -
ページトップ▲
Page: 1/2   >>
魚の目について | ディルのつれづれ日記サイトトップへ