スポンサーサイト

スポンサード リンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

お通夜の服装

スポンサード リンク

お通夜というのは通常、突然に知らされるものです。
お通夜にあった服装といっても、喪服は手元にないし・・
という場合もあるかもしれません。

時間があれば自宅に帰り、着替えてからお通夜に出向く
のがマナーですが、出先から駆けつける場合は、なるべ
く地味な服装で参列しましょう。

お通夜に出席する場合、基本の服装は黒のスーツか
ワンピースですが、地味なものであれば黒でなくてもかまいません。

結婚指輪以外のアクセサリーははずし、派手なマニキュア
やお化粧は避けましょう。ネックレスは真珠がベストです。

靴やバッグなどの小物類ですが、お通夜や告別式に
出席する場合は、黒くて派手な装飾がないものを
選んでください。

お通夜は以前は、故人と特に親しかった人だけで行われる
ものでしたが、昨今では葬儀に参列できない人がお通夜
出席することが多くなっています。

社会人で、出張などの仕事が重なりお通夜にも告別式
にも参列できない場合は、弔電を打つようにしてください。

お通夜はたいてい夜の6時か7時ごろ始まって、1時間
ほどで終了します。受付で記帳をし、香典を差し出して
お悔やみの言葉を述べてください。

お通夜の席でのお香典ですが、故人との関係にもより
ますが、3千円から5千円が一般的です。4千円は「死」
を連想させるので避けてください。
   
category : お通夜について | comments(0) | -
ページトップ▲

お通夜の香典

スポンサード リンク

お通夜に行きなれている人、というのはあまりいない
と思います。突然の知らせでかけつけることが多い
お通夜。特に社会人では、同僚や上司、取引先の
身内などが亡くなってお通夜に参列することが多くなります。

お通夜、あるいはお葬式に参列する際には、香典
持参しますが、だいたいいくら程度が相場なのでしょうか。

お通夜のお香典は、故人との付き合いの程度、自分の年齢
や立場で変わってきますが、だいたい3000円〜5000円
が相場です。

お通夜と告別式の両方に出席する場合は、二度香典
出す必要はありません。どちらか1回で十分です。

香典袋はコンビニや100円ショップでも買えます。
表書きですが、仏式では、「御香典」または「御香料」
と書いてください。もしくは「御霊前」です。

「御仏前」と香典の表書きに書く人もいますが、
これは四十九日が過ぎて故人が仏様になってからです
ので、「御霊前」と書くようにしてください。

水引の下の真ん中に薄墨で自分の名前を書き、
毛筆もしくは筆ペンを使うのがベストです。
なるべくボールペンは避けてください。

以上がお通夜における香典のマナーですが、
最低限の礼儀さえ守れば、あとはお通夜に駆けつけ
ることが何よりの供養になりますよ。
   
category : お通夜について | comments(0) | -
ページトップ▲

お通夜のマナー

スポンサード リンク

お通夜に参列する場合、お香典はいくら包めばよい
のか、お通夜に出席する際の服装はどうすればよい
のか、お通夜に参列すればお葬式は出なくても大丈夫
なのか、などなど、悩みも尽きないかと思います。

社会人になると、上司や同僚、取引先の人やその身内
の不幸で、お通夜に出席する機会も増えますので、
いざというときにあわてないように、じっくり
お通夜マナーを身につけておいてください。

お通夜に出席するかどうか迷ったら、会社の上司や
年長者と相談し、出席することになればお通夜
ふさわしい服装で会場へ向かってください。

お通夜の服装は基本は黒のスーツやワンピース
マナーです。お香典を差し出すタイミングで
すが、会場に着いたら受付で記帳をし、香典を
差し出すのがマナーです。

お通夜は、僧侶の読経が終わると、喪主から遺族の順に
お焼香となり、その後で一般の弔問客がお焼香をします。
お通夜の場合はこれで終了ですので、お焼香が終わったら
帰宅して構いません。

お通夜マナーは地域によっても多少変わってくる
かもしれませんが、だいたい仏式の場合は上記のとおり
です。

マナーに迷った場合は、お通夜に参列しているほかの
弔問客の行動を参考にしてみると良いと思います。
   
category : お通夜について | comments(0) | -
ページトップ▲
Page: 1/2   >>
お通夜について | ディルのつれづれ日記サイトトップへ