スポンサーサイト

スポンサード リンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

初節句について

スポンサード リンク

初節句とは、文字通り子供が生まれてはじめての節句
のことです。女の子は3月3日のひな祭り(桃の節句)、
男の子は5月5日のこどもの日(端午の節句)にあたります。

女の子なら雛人形、男の子には兜や武者人形を贈ったり
しますね。地域によっても初節句のお祝いの仕方には
いろいろありますが、親よりもおじいちゃんおばあちゃん
が熱心にお祝いしたりするのは、全国共通のようです。

初節句の贈物は、その昔は母方の実家が用意していました
が、現代では特に決まりはありません。経済状況や
家の広さに応じて、置けるこいのぼりや武者人形、
雛人形を飾るようにしましょう。

初節句にお祝いとしてひな人形や武者人形を送る場合
の時期ですが、男の子の場合は武者人形を少々長く
飾っていても問題はありませんが、女の子の雛人形
は3月3日をすぎたらすぐにしまいます。

そのため、ひな祭りに合わせて送るというよりは、
その半月くらい前には届くように送るのがベストです。

なお、現金やギフトカードなどを初節句のお祝いと
して送るのであれば、時期は気にする必要はありま
せん。お祝いの金額ですが、親しさにもよりますが、
初節句のお祝いは5千円から1万円程度が一般的です。

神社で祈願や祝詞をあげてもらう場合もありますし、
親戚で集まって初節句のお祝いパーティーをしたり、
地域や家族によっても習慣が異なるでしょうが、
おいしい料理とともに初節句をお祝いしたいですね。

初節句の内祝としては、女の子のひなまつりには
かまぼこのひなまつり料理だったり、ちらしずし
などがポピュラーです。男の子の端午の節句のお祝い
の料理は、お赤飯やちらしずし、ちまきなどが
ふるまわれます。

特別な料理を初節句のために作れない!という
場合は、無理をせずにお店で買ったり、通販を利用
してもいいでしょう。まずは、家族みんなで元気に
初節句を祝えるのが一番ですよ♪
   
category : 初節句のお祝い | comments(0) | -
ページトップ▲

初節句の料理レシピ

スポンサード リンク

初節句の料理、どうしようかなと迷っている人も多いかも
しれませんね。せっかくの初節句だから、少し普段とは
変わった料理を作りたい・・でも、初節句の料理だから
と変わったことをして、失敗しても困るしなぁと。

お店でちまきを買ってきたり、ちらしずしを買って
きたり。それでも器を変えるだけでも雰囲気は変わりま
すし、そういった料理が初節句のお祝いで出てきても
いいと思います。

でも、自分で作りたい!という人のために、初節句
料理レシピを調べてみました。

私が普段参考にしているのは、Cookpad(クックパッド)
です。ここは、一般の人が作った料理レシピがたくさん
掲載されており、初節句のレシピもあります。

http://cookpad.com/mykitchen/recipe/337610/

これは、女の子の初節句ということで、たべる
お雛様。かなりかわいいですね、この写真。
じゃがいも、にんじん、ホウレンソウで作っているので、
小さな赤ちゃんでも安心して食べられます。

右側には、初節句の料理レシピベスト3というのが
ありますが、こいのぼりケーキと言うネーミングが
かわいい!一緒にお祝いする親戚や家族も微笑むこと
間違いなしのレシピです。

時間がある人は、ぜひレシピを検索して初節句の料理に
挑戦してみてくださいね。
   
category : 初節句のお祝い | comments(0) | -
ページトップ▲

初節句のお返し

スポンサード リンク

初節句のお返しの相場はどれくらいにすればよい
でしょうか。

金額的には3分の1から半額程度という形という話
もありますが、初節句のお返しについては、
個人的には気持ち程度でいいと思うんですよね。

でも、お返しを求めている方もいらっしゃると思い
ますので賛否両論というところでしょうか。

何をお返しするかは悩みどころですが、
初節句にちなんだものをということで
お家に来て頂いた際に紅白饅頭だったり、

例えば男の子の場合などは、ちまきなどを
一緒に持って帰って頂いたりするといいでしょう。

その後で、日常で使える物(タオル・石けん)などを
お返しとしてというのが無難かなぁと思います。

また初節句は商品よりもカタログギフトという形で
お返ししたほうが最近はいいかもしれないですね。

カタログギフトを使うことで、
相手側で自分の好きなものを選んでもらえると
無駄がないですし、そのほうが喜ばれるような気がします。

また初節句のお返しではなくても、
何かの内祝いのお返しには最適かと思います。

いずれの形を取るにしろ、贈物やプレゼントや現金という形で
初節句をお祝いしていただいたわけですから
お礼の言葉を手紙として添えるいいと思います。

たくさんの人に送る場合でも、一言でもいいですので、
自筆でお礼の言葉を添えるのがマナーですよ。
   
category : 初節句のお祝い | comments(0) | -
ページトップ▲
Page: 1/2   >>
初節句のお祝い | ディルのつれづれ日記サイトトップへ