スポンサーサイト

スポンサード リンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

   
category : - | - | -
ページトップ▲

魚の目とタコについて

スポンサード リンク

魚の目とタコ、よくいわれますが違いはどんなものなのでしょう。
タコは主に足の裏(手にもできます)が扁平に硬くなるのですが、
魚の目はそれがさらに悪化して、中心に芯ができて硬くなります。
その芯の部分が魚の目みたいに見えるので、魚の目とよばれて
いるわけです。

タコは、たいていにごった黄色い色をしていることが多く、
皮膚が厚く硬く盛り上がっていることが多いです。押すと痛い
ことがあるけれど、それほど気にならないなあと言う人も
多いかと思います。

ただ、タコが大きくなってくると、歩いていて違和感を感じたり
痛みが出てきたりします。それがひどくなったのが魚の目です。

魚の目の原因は、なんといっても足にあわない靴をはいてしまう
ことです。無理をして小さい靴を履き続けたり、底が薄い靴を
履いて足の裏が圧迫を受けることで、魚の目になってしまうこと
もあります。

ハイヒールも要注意です。足先に大きな負荷がかかるので、
どうしてもタコや魚の目の原因になります。

基本的には、足に優しい靴を選ぶことがまず大切ですが、
タコや魚の目になってしまった場合は、皮膚科などの病院、
もしくはドイツ式フットケアなどで治療してもらうのが
ベストです。

個人でも魚の目は保護シートを貼ったりして治療すること
もできますが、素人が治療すると炎症を起こしたりする
可能性もあるので、なるべくなら専門家に見てもらいましょう。

皮膚科などで切って魚の目を除去してもらっても、また
足にあわない靴を履いていれば再発します。基本的には
きちんとした靴選びをすることが、まずは魚の目やタコを
予防するのには大切ということですね!
   
category : 魚の目について | comments(0) | -
ページトップ▲

スポンサーサイト

スポンサード リンク

   
category : - | - | -
ページトップ▲
Entry: main  << >>
Comment








魚の目とタコについて | ディルのつれづれ日記サイトトップへ